目立たない歯列矯正

マウスピースを利用

医療器具

みよし市は住み良さランキングで愛知県2位にランクされる豊かな街で、少子高齢化が進む現在も人口が増加傾向にあります。そんなみよし市で人気になりつつある歯科治療のひとつがインビザラインです。インビザラインは新しく開発された歯列矯正方法の一種で、透明なプラスチック製のマウスピースを使用するところに特徴があります。従来の歯列矯正は金属製のワイヤーで歯を固定する必要があり、痛みを伴うのはもちろん、口を開ければ目立ってしまうという短所がありました。インビザラインは透明な器具を装着するだけなので、ほとんど目立たないことがメリットです。矯正中でも恥ずかしさを感じず、学校や会社で普通に会話したり食事したりすることができます。また歯列矯正のワイヤーは基本的に歯科医師にしか取り外せませんが、インビザラインのマウスピースは自分で脱着が可能です。外したままにしておくのは矯正効果が薄れるのでお勧めできませんが、どうしても必要な場合は一時的に外すことができます。このほか金属アレルギーの方でも安心して矯正できるという利点があります。インビザラインは新しい技術なので、取り扱っている歯科医院は必ずしも多くありません。みよし市には積極的に導入している矯正歯科があるので、探してみると良いでしょう。歯列矯正は子どもの治療と考えられがちですが、みよし市にはインビザラインを利用して大人の歯列矯正を行っている歯科医院もあります。

美観だけでない理由

インビザライン

歯並びにコンプレックスを持っていても、大人になってからでは遅いと諦めている方が少なくありません。みよし市周辺の歯科クリニックでは、大人の矯正治療を積極的に受け付けています。とりわけインビザラインを利用した目立たない矯正は、社会人にも向いた治療法として選ばれています。美しい歯並びは、その人の第一印象を決めるポイントになります。接客業はもちろん営業や秘書など、他人と接することが多い職場では、話すときの口元のイメージが大切です。そのための歯列矯正ですが、歯の表面をワイヤーで固定していると、きわめて不自然な印象を与えてしまいます。透明なマウスピースで固定するインビザラインは、ほとんど装着していることに気づかれないのが特徴です。矯正治療は見た目を美しくするだけではなく、歯の健康を守るためにも重要です。みよし市では虫歯予防のために、インビザラインを利用している方もいます。歯並びを整えれば磨きにくい部分が減り、口の隅々まで清潔に保つことができます。インビザラインは自由に取り外せるため、治療中もしっかり歯を磨けるというメリットがあります。みよし市周辺には矯正専門の歯科医院があり、ひとりひとりに合わせた治療を行っています。インビザラインはメリットの多い治療法ですが、歯並びの状態によっては適用できない場合があります。豊富な症例を持つみよし市のクリニックなら、インビザラインが使えなくても、最適な治療方法を選ぶことができます。

気合を入れて治療に励む

医療器具

口を開けたらワイヤーが丸見えになる少々恥ずかしい歯列矯正は、見た目が気になる人にとっては敷居が高い治療です。しかし、みよし市のクリニックで行われているインビザラインは透明のマウスピースを使った歯列矯正ですので、見た目を気にすることなく治療に励むことができます。見た目以外のメリットは、痛みは最小限にとどめることができること、通院回数が少ないこと、ワイヤーでありがちな虫歯や歯周病が治療中に少ないことです。ただし注意しておくべき点もいくつかあります。飲食の際には必ず外しておくことです。食べ物による熱さや着色等でマウスピースが変色または変形してしまうことがあります。飲食の際だけは外しておき、食事を楽しむことです。そして、365日24時間装着し続けているワイヤーとことなり、自由に装着できるマウスピースは一日最低でも20時間以上つけておく必要があります。飲食をして外してしまい、そのまま外しっぱなしになってしまうこともありますが、歯が綺麗になるためだと考え、根気強くインビザラインをつけておく必要があります。また虫歯ができてしまうとインビザライン中は治療が難しくなりますので、みよし市のクリニックで受ける際は、虫歯を完全に治してから矯正治療を始めることです。みよし市でインビザラインの治療を受ける際は、敷居が高いと感じられますが、決まり事さえ守れば綺麗に歯を治していくことができます。みよし市のインビザラインによって快適な矯正治療を実現できます。